津田沼の整体なら「整体院フィジカルLabo」

痛いのは施術中?施術後?

整体の施術による痛みは、大きく分けると施術中に起きる痛み(触る・動かす)と、施術後に起こる痛み(揉み返し・好天反応)に分けることができます。

この時の痛みに対して「我慢しなければいけない痛み」「施術者側のミスによるもの」に分けることができるので、あわせて解説していきます。

 

施術中の痛み

整体院にしろ接骨院にしろ

「バキバキしない!」「痛くない!」

といったキャッチフレーズを掲げているところが多いですね。ただ、皆さんよく考えてほしいのですが、整体や接骨院に行く理由って「痛くて辛いから」ではありませんか?バキバキするのは論外なのですが、痛くて困っている方に施術するのに、一切痛くない施術ってどこに何をやっているんでしょう?マッサージやリラクゼーションならそれでいいとは思いますが、その時だけ楽になっても何の解決にもなりません。

 

施術の手順としては

①痛みの原因を探す

②その痛みに対して適切な施術を行う

③再発予防として生活習慣も含めてセルフケアを習得する

というのが必要な流れです。どうしても「①痛みの原因を探す」ときに「触る」「動かす」ということをしなければいけないので、この際に「痛み」は出てしまいます。

 

ただ、この際に「整体って痛いの?①」で開設した、「急性痛」は初期は安静にすることが大原則なので、この時期に無理をせずしっかりと休養することが必要です。

 

「我慢する痛み」は原因を探す際に必要なもの

「施術者側のミス」は急性痛に不適切な時期に介入した、もしくは必要以上の刺激を加えた

 

 

施術後の痛み

施術後に起こる痛みで分かりやすいものは「好天反応」か「揉み返し」ですね。

 

好天反応とは

東洋医学では、瞑眩(めんげん)反応と言い、症状が良い方へ転ずる時に起こる一時的な身体の不調のことです。慢性的に疲労していた筋肉がほぐれることで大量の老廃物が血液中に流れることが原因と考えられています。

好天反応

私は術後にこのような症状が出ないようにするのも施術者の責任と考えているので、この言葉はあまり好きではありません。ただ、今までと全く違った体の使い方に変わっていくので、多少の筋肉痛や動き過ぎたことによる疲労感は必要経費ですね。

 

揉み返しとは

揉み返しとは、マッサージ後などにあらわれる身体に悪い反応のことを指します。 揉み返しが起こる原因は過度な刺激(押す力が強すぎる)や、無理な姿勢での施術によって、筋肉にある筋膜や筋線維が損傷し、炎症を起こしてしまうことです。 ひどい場合だと内出血を起こすこともあります。

揉み返し

これは完全に施術者側のミスなのですが、注意してほしいのは「無症状の揉み返し」もあるということです。これはマッサージ好きな方に多いのですが、人間どうしても「慣れ」というのがあり、慣れてしまうと「もっとやって欲しい」という感情が芽生えてしまいます。この結果起こるのが「強くもんでもらわないと気持ちよくない、効いた感じがしない」となってしまい、徐々に徐々に強い力で高頻度でマッサージを受けた結果、全身ガチガチという起こってしまいます。これは機器を使ったものでも起こりますので、マッサージ機にしても低周波治療器にしても頻度と指摘の強度はほどほどにしてください。

 

津田沼の整体なら「整体院フィジカルLabo」 PAGETOP