津田沼の整体なら「整体院フィジカルLabo」

根本改善ってそもそも何?

治療院にも色々な種類があります

「接骨院(整骨院)」「鍼灸院」「整体院」といった名前が多いと思います。

 

鍼灸院接骨院働いている方が持っている国家資格で考えると

接骨院:柔道整復師・民間資格・無資格

鍼灸院:鍼灸師

整体院:民間資格・無資格

という場合が多いですね。

 

理学療法士、作業療法士はが保険を使った開業権がある国家資格ではないので、開業するとしたら当院のように院名は「〇〇整体院」です。

私は理学療法士として勉強して資格を取得し、病院勤務をしていたので、一般的に自費の治療院を経営している方や働いている方とは考え方がかなり違います。特にこの「根本改善」という言葉のとらえ方が最も違うポイントです。

 

一般的な接骨院・整体院の施術方法

大きなグループ院ほど顕著なのですが

「根本改善に効果があるとされる方法を繰り返す」

  ~~整体の種類で紹介した方法や、そこから派生した方法など~~

(私が今までお会いした数百人の方の印象なので反論はあると思います)

施術手技

これは沢山いるスタッフに教育する際に、最低ラインを保証して均一なサービスを提供するという点で、とても有効な方法なのですが、患者さん個人ではなく「病名」とか「症状」といった現象に対して施術を行っているだけなので、広い意味では湿布や痛み止めと変わりません。

ただ、治療法自体は効果が確認されているので、「あなたの悩み」が「その院で行っている治療方法」とあっていれば問題ありません。

中々自分に合う治療院が見つからなく困っている方のほとんどは、このミスマッチが原因です。

 

一番の問題は、悲しいことなのですが、方法だけが独り歩きしてしまって「こういうもの」と、考えることを放棄してただ繰り返している人が多いということです。

 

私は技術セミナーの講師もしているので、よく質問されるのが

Q:「坐骨神経痛に効果のある治療法を教えてください」

という感じで、、、、

A:「そんなものがあったら苦労しません!!」

と若干不機嫌に返してしまいます。(質問してくださる方、申し訳ありません)

 

当院の施術方法

当院の施術法というよりは、患者さんのお悩みとの向き合い方です

 

①悩みの原因を調べる(問診・検査)

②出てきた問題点から原因がどこかを考える(統合と解釈)

③考えられる原因に対して、効果的な施術方法を試す(プログラム立案)

④施術結果から原因を再考察し適宜変更する(実施)

⑤改善するまで①~④を繰り返す

 

問診という流れで行っています。これは私の考えというよりは、理学療法士なら誰でもやっていることですね。私が学生とか病院で働いていたころは、この考え方を今だったらパワハラで訴えられるくらいの感じで叩き込んでました、、、、今やったら大問題、、、、

基本的にはマイオチューニングアプローチという考え方、方法で施術は行っていますが、必要に応じて最善の方法が選択できるようにしています。

 

一般的な接骨院、整体院の場合だと

①問診:とにかく聞き役に徹する

⓶検査:どんな方が来ても初診時にやることは決まっている

③治療:症状別に決められている、もしくは「〇〇の歪みがすべての原因なので治しましょう」

という症状別のマニュアル通りに行って終わりです。③に関しては、技術の差がかなりあって、私が見ても「上手いな~」という方はたくさんいらっしゃいますが、⓵~③がつながっていない場合が多いですね。

津田沼の整体なら「整体院フィジカルLabo」 PAGETOP